お役立ち情報

【徹底解説】決済代行の選び方・メリット・コスト・仕組みを解説!

ECサイトを運営していて、顧客のために複数の決済方法を導入したいと考える担当者も多いのではないでしょうか。決済代行業者を利用するメリットや業者の選び方などが分からず、複数の決済方法を導入して管理するのは大変なのではと思っている人もいるでしょう。この記事では、複数の決済方法を一括で管理できる決済代行の仕組みやメリット、導入する際のコストなどについて紹介します。

決済代行とは?

決済代行とは、決済代行業者がECサイト事業者に代わって決済を代行するしくみのことです。決済代行業者は、さまざまな決済の一括契約やシステムの管理を行います。決済方法の種類は多様化しており、クレジットカード決済・オンライン決済・コンビニ決済・携帯キャリア決済・QRコード決済など、数多く存在します。ECサイトに複数の決済方法を導入する場合、大きく2通りの方法があります。決済方法ごとにそれぞれ契約や管理をする方法と、決済代行業者に一括で契約や管理をお願いする方法です。これらの特徴を知っておくと、導入時の検討に役立つでしょう。

決済代行業者の中には、入金の早期化など、さまざまなサービスを提供している業者もあります。しかし、このような業者はたくさん存在するため、導入を検討する場合はそれぞれのサービスをしっかり比較したうえで検討する必要があります。検討段階で苦労しないように、まずは決済代行の基本情報やメリットなどについて、しっかり把握しておきましょう。

決済代行の仕組みとは?

はじめに、決済代行の仕組みについて理解しておきましょう。本来、さまざまな決済方法を導入するためには、その決済方法ごとに契約が必要となります。たとえばECサイトにクレジットカード決済と携帯キャリア決済を導入する場合、サービスを提供している決済会社それぞれと契約しなくてはいけません。契約するだけでなく、システム構築や管理なども、導入する決済方法ごとに行う必要があります。決済方法によって必要なシステム構築などが異なるため、現実的ではありません。

決済代行業者は、ECサイトの運営者と各決済会社との間に入り、それぞれの手続きや管理などを代行します。たとえばクレジットカード決済を導入する場合、カード会社ごとに契約しなくてはいけません。つまり、カード会社と直接契約してクレジットカード決済の導入を行う場合には、契約したカード会社ごとに複雑な手続きや書類の提出が必要になるのです。しかし決済代行業者を使えば、複数の決済方法を簡単に導入できるようになります。

決済代行の役割

決済代行業者の役割はEC事業者と各決済会社の間に入り、契約手続きやシステム構築を代行することです。具体的には以下の業務を決済代行業者が行います。

各決済会社との契約手続き

各決済会社で契約の手続きは異なります。カード会社との契約の際には高度なセキュリティ対策の証明が必要になります。しかし決済代行業者を利用することで、このような手間を省き、各決済の利用が可能になります。

決済導入時のシステムの構築

通常、決済導入時には決済ごとにシステム使用を理解し、ECサイトを開発する必要があります。しかし決済代行業者を利用することで、ECサイトの開発の手間を省くことができ、すぐに決済を導入することが出来ます。

決済処理と入金

通常、各決済会社との間で決済処理や入金手続きをする必要があります。また各決済会社で入金サイクルも異なるため、入金管理がとても煩雑です。しかし決済代行業者を利用することで、決済処理は決済代行業者との間のみで完了します。さらに決済代行業者がまとめて入金を行おうため、入金管理業務が最小限になります。

決済代行を導入するメリットとは?

ECサイトの運営者が決済代行業者を利用することには、さまざまなメリットがあります。ここでは、決済代行業者を利用することのメリットについて、導入時と運用時に分けて詳しく紹介します。

導入時

本来決済の導入には契約手続きやシステム開発など非常に手間がかかります。決済代行を利用することで、手間を省きスムーズに複数の決済を導入することが出来ます。

  • 各決済会社との契約が簡単になる

各決済会社とそれぞれ個別に契約して導入することはとても大変です。たとえばクレジットカード会社との契約では、審査基準がカード会社によって異なり、一つひとつ確認しながら進めなければなりません。この契約手続きには多くの時間や工数がかかるため決済導入時の負担になります。しかし決済代行を導入することで、クレジットカード決済やSuicaなどの電子マネー決済、コンビニ支払いによる決済、口座振替などの決済を一括導入できるようになります。さらに複数の決済方法を導入することで顧客の満足度は大きく上がり、売り上げアップに貢献します。

  • システム開発の負担を削減できる

各決済を導入する際いには、各決済システムの使用に沿った自社システムの開発が必要です。導入する決済が増えるとシステム開発にかける、時間やコストで大きな負担がかかります。幅広い決済の導入は売り上げアップに繋がるため、導入する決済の数を絞る訳にはいきません。決済代行を利用することで、各決済ごとにシステムを開発する必要は無くなります。決済代行会社とのシステム開発を行うことで、さまざまな決済を利用できるようになります。

運用時

本来各決済を個別に契約した場合、決済それぞれの決済管理ツールを使用するため非常に手間がかかります。また決済ごとに入金サイクルが異なるため処理に手間がかかるのです。決済代行を利用することで、管理を一元化し、入金サイクルも揃えることができます。

  • 1つの管理画面で複数決済を管理できる

複数の決済方法を個別に導入した場合、管理画面も決済方法ごとに異なります。利用する決済方法が多くなればなるほど、利用するシステムも増えます。そのぶんECサイト運営者側の負担になるのです。しかし、決済代行業者を利用すれば、1つの管理画面で複数の決済方法を管理できるようになります。1つだけ覚えればよいので、ECサイト運営者側の負担を減らすことができ、管理もしやすくなるのです。

  • 入金管理を一元化できる

決済会社ごとに入金のサイクルや手数料は異なります。そのため多くの決済方法を個別に導入するほど、管理しなければならない情報が増えてしまうのです。たとえば複数のカード会社からバラバラに入金や支払いが発生した場合、管理が煩雑になってしまいます。一方、決済代行業者に依頼すれば、売り上げや手数料の管理を業者が一括して代行してくれます。複数の決済方法での売上金額をまとめ、そこから手数料を引いた金額を振り込んでくれるのです。すべて一括で入金されるようになるため、複数の決済方法を導入しても管理が煩雑になることはありません。

また、複数の決済方法を個別に導入した場合、使うシステムも決済方法ごとに異なります。利用する決済方法が多くなればなるほど、利用するシステムも増えますから、そのぶんECサイト運営者側の負担になります。しかし、決済代行業者を利用すれば、1つのシステムで複数の決済方法を管理できるようになります。1つだけ覚えればよいので、ECサイト運営者側の負担も減り、管理もしやすくなるというメリットがあります。

決済代行業者に依頼する際のコストとは?

メリットの多い決済代行ですが、業者に依頼するため当然コストがかかります。ここでは、決済代行業者に依頼する際にかかるコストについて説明します。

初期費用

決済代行を利用するためには、システムを導入するための初期費用がかかります。ECサイトに決済システムを組み込むための初期設定にかかる費用や、利用する管理システムの導入サポート費用などが主な内容です。これらは決済代行業者によって金額が異なり、業者によっては無料や個別対応で別途見積もりを行う場合もあります。

月額固定費

次に、利用件数に関係なく発生する、月額の固定費が必要です。内訳としては、決済に必要な機器やシステムの利用料、顧客情報管理コストなどが挙げられます。こちらも業者によって金額が異なり、無料の場合や別途見積もりを行い個別対応する場合もあります。

各種手数料

決済代行業者を利用する場合、各種手数料もかかります。決済代行業者への依頼で発生する手数料はいろいろな種類があります。たとえば、「決済手数料」や「トランザクションフィー」などがその一部です。それぞれの手数料によって特徴が異なるため、種類と内容について詳しく確認しておきましょう。

  • 決済手数料

決済代行業者に支払う手数料のうち、契約した決済1件あたりの決済金額に対して発生する手数料を決済手数料といいます。決済の種類、使用するカード会社、決済代行業者によって変動はありますが、相場は決済金額の約3%程度といわれています。契約時の見積もりで提示されることが多いため、契約前に割合を確認するようにしましょう。

  • トランザクションフィー

トランザクションフィーとは、決済のデータを銀行などに転送する際にかかる1件あたりの通信費用のことです。決済1件につき一定の金額が発生するという仕組みで、金額は業者によって異なりますが、中には無料に設定されていることもあります。決済1件あたりの固定費のため、決済金額の大小にかかわらず同じ金額がかかることに注意しましょう。たとえば、少額決済が多く発生するECサイトを運営している場合は、決済手数料が安くてもトランザクションフィーで手数料の総額が割高になることもあります。運営するECサイトの決済の特徴を把握したうえで、業者を選択することが重要です。

  • 振り込み手数料

決済代行業者を利用すると、様々な方法で決済された売り上げがまとめて入金されます。その売り上げを指定口座に振り込んでもらう際に発生する手数料を、振り込み手数料といいます。業者によっては無料に設定されていることもあり、振込金額や入金サイクルによって変わることが多いようです。こちらも、運営するECサイトの決済の特徴を把握し、振込手数料が少なくなるように金額やサイクルを指定するとよいでしょう。

  • 取り消し処理手数料

決済処理を取り消す際には、1件ごとに取り消し手数料が発生します。決済後の取り消しが多く発生すると、取り消し手数料が高額になる可能性があります。相場としては1件につき5円前後であることが多いようです。取り消しが多く発生することは稀かもしれませんが、この金額についても導入時にしっかり把握しておきましょう。

決済代行業者の選び方

決済代行業者の利用を検討する際には、業者の選び方を知っておくことが大切です。決済代行業者を選ぶ上で注目すべきポイントを解説します。

実績と信用
  • 多数の導入実績があるか
  • 有名企業などへの導入実績があるか

決済を代行してもらうことは、ECサイトにおける売り上げ管理の一部を任せることでもあります。まずはホームページなどを調べて導入実績を確認しましょう。いざ導入してもシステムトラブルが多かったり、売り上げが正しく振り込まれなかったりすると大変です。まずはしっかりした実績がある業者を選択しましょう。多数の導入実績がある業者であれば、実際に導入した企業を実名でホームページに掲載しているところもあります。それらを確認し、有名企業などへの導入実績があれば、リスクは低いといえるでしょう。

費用
  • 初期費用を抑えるか
  • 長期的なコストをとるか

決済代行を選ぶ上で費用の検討は欠かせません。決済代行サービスの費用には、初期費用と月額費用あります。各社のサービス料金タイプは、大きく初期費用・月額基本料が無料、有料の2つに分かれます。さまざまな料金タイプがある中で重要なのは初期費用を抑えるか、長期的なコストをとるかの選択が重要です。たとえば初期費用が無料でも、各種手数料が割高な業者を選んでしまうと、運用コストが多くかかります。初期費用が安いことはメリットですが、毎月発生する手数料もしっかり比較して、業者を選定するようにしましょう。追加料金を払うことで、いろいろなオプション機能が使えるシステムもありますが、まずは本当に必要な機能だけ導入するところからはじめるとよいでしょう。オプションは運用開始後からでも追加できる場合もあります。費用や手数料などの見積もりを出してもらい、複数の会社を比較して検討しましょう。

決済方法
  • 決済方法の種類
  • 自社の客層

決済方法はECサイトを運営する上で重要なポイントです。自社の客層にあった決済方法を用意しておけばカゴ落ちを防ぎ、売上アップに繋がります。

まず利用できる決済方法の種類を確認し、希望する決済方法が利用できるか確認することが大切です。取り扱っている決済方法の種類は業者によって異なります。クレジットカード決済ひとつをとっても、対応しているカードのブランドが限られている場合もあるのです。

クレジットカード決済以外にも、どの決済方法を導入するか検討しなくてはいけません。客層によって求められる決済方法は異なります。たとえば客層が男性メインであれば、「クレジットカード」、女性メインであれば「後払い」がよいでしょう。幅広い客層の場合には、なるべく多くの決済方法がある方が売り上げアップに繋がります。ひとつの決済代行業者では希望する決済方法がそろっていないという場合は、複数の決済代行業者を利用するという方法もあります。

決算管理機能
  • 一括処理
  • ファイル処理
  • 自動検知

決済代行サービスでは専用の決算管理ツールを使用します。決済代行業者により管理ツールの使いやすさや特徴は大きく異なります。決済代行を選ぶ際には管理機のツールの使いやすさも重要なポイントです。

煩雑な事務処理を効率化するために「一括処理」「ファイル処理」「自動検知」これら3つの機能があるか重要です。

「一括処理」では、取引を確定する売上処理が数件~数十件をまとめて処理できるため事務処理を効率化できます。「ファイル処理」は「一括処理」では足りない規模の処理を行うときに有効です。処理内容をあらかじめCSVファイルに用意してから一括実行する方法で、一度に数百~数万の決済処理ができます。また通常コンビニ決済やペイジーの決済では、支払い完了した「支払い番号」を1件1件照合する作業が必要です。「自動検知」では定期的に支払い完了した「支払い番号」の自動取得により、この照合作業を自動化できます。

セキュリティ対策

適切なセキュリティ対策が行われているかどうかも、しっかりと確認しましょう。名義や電話番号、クレジットカード番号など、決済に必要な情報は、すべて重要な個人情報です。顧客の個人情報を預けることになるため、業者のほうでしっかりしたセキュリティ対策を実施しているかどうかは重視すべきポイントとなります。第三者機関の定める規格に遵守しているか、SSLなどセキュリティ対策に必要な技術を採用しているかなど、導入前に確認するようにしましょう。

決済代行を利用して時間と手間を軽減しよう。

ECサイトで複数の決済方法を用意しておくことは重要なことです。ですが、決済方法を増やすには時間や手間がかかります。しかし、決済代行を利用することで、時間や手間をかけずにECサイトの決済方法を増やすことが可能です。お得に後払い決済を利用するなら、手数料が業界最低水準のatone(アトネ)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。WEBから資料請求をすることも可能です。

ホワイトペーパー
ダウンロード

ネットショップでLTVを
向上させる施策を解説

サービス資料の
ダウンロード

atoneは、ネットショップでも実店舗でも使えるスマホ決済サービスです。

EC通販事業者の方へ

atoneは、誰でもすぐに使える、業界No.1カンパニーのコンビニ後払いです。
翌月20日までにお支払いいただきます。
後払いで唯一、ポイントが貯まって使えるのでお得。

実店舗事業者の方へ

atoneは、スマホがあればその場ですぐに使えるコード決済。クレジットカード、銀行口座の連携が不要。現金でのチャージも不要。
約80%の根強い現金払いニーズも取り込み、やさしいキャッシュレス体験を実現できます。

事業者向け相談窓口

サービス内容やお申込みに関するお問い合わせ、導入のご相談をお電話・Webにて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

03-5159-7882

受付時間 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

トップ 使えるお店 使い方 ? アプリ メニュー ECで導入 実店舗で導入 導入企業 料金 ¥ 実店舗FAQ 還元事業 ¥ ¥ P Q A