Web決済の特徴から導入のメリット、導入の流れまで解説!

昨今「Web決済を導入する上でどのような種類があるのか知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、Web決済の特徴やメリット、導入の流れを解説します。

目次
  1. Web決済の特徴
    1. スピーディな支払い
    2. 電子マネーにも対応
    3. ショッピングカートとの連携
    4. 導入スピードやカスタマイズ性の高さ
    5. 多様な商材に対応している
  2. Web決済導入のメリット
    1. ユーザー側のメリット
    2. 事業者側のメリット
  3. Web決済はこんな方にオススメ
  4. Web決済はこんな業態にオススメ
    1. EC
    2. サブスクリプションサービス
    3. 飲食店
    4. 美容院
  5. 導入の流れ

新規顧客獲得へ貢献する
決済サービスをご紹介

Web決済の特徴

Web決済は、オンライン決済やネット決済とも呼ばれ、インターネットを通して商品・サービスの料金を受け取る決済方法です。

Web決済にはいくつかの特徴があります。ここでは5つのトピックに分けて、Web決済の概要を解説します。

スピーディな支払い

Web決済の大きな特徴は、スピーディな支払いであることです。例えば、請求書を送って代金を請求する場合には、それなりの手間と時間がかかります。しかしWeb決済であれば、最短で即日の支払いが可能なため、代金・料金を素早く回収可能です。

電子マネーにも対応

様々な電子マネーに対応しているのもWeb決済の特徴です。サービスによって対応している電子マネーは若干異なりますが、オンライン専用電子マネーの需要が高まっていることもあり、幅広い支払い方法に対応しているサービスが多くあります。

ショッピングカートとの連携

最近のECサイトには、ほとんどの場合ショッピングカート機能がついています。ほとんどのWeb決済サービスは、多くのショッピングカートと連携しており、商品・サービスのよりスムーズな購入に貢献します。

導入スピードやカスタマイズ性の高さ

導入スピードやカスタマイズ性の高さも、Web決済の特徴です。ECサイトだけでなく、飲食店やホテルのような業界でも、Web決済を導入する企業が増えています。その企業に合った決済サービスをカスタマイズできるため、顧客満足度の向上にもつなげやすく、リピーターの獲得にも役立つでしょう。

多様な商材に対応している

「飲食店やホテルでの導入も増えている」といった話からも分かるように、多様な商品・サービスに対応しているのもWeb決済の特徴です。ECや通販、飲食店、サブスクリプションサービスやゲームなど、多様な商材でWeb決済が利用できます。

Web決済導入のメリット

Web決済の導入には様々なメリットがあります。ユーザー側と事業者側のメリットを分けて考えると、より理解しやすくなるでしょう。ここではユーザー視点のメリットについて軽く触れた後、事業者にどのようなメリットがあるのかを解説します。

ユーザー側のメリット

ユーザー側がWeb決済を利用するメリットは、支払いを簡単に済ませられる点です。例えば、実店舗で現金支払いをする場合と異なり、Web決済はすべてオンライン上で完結します。支払いの度に財布を出す手間も必要ありません。

また、クレジットカードを利用する場合、カードにポイントが付与されるため特典を受けやすくなります。これは現金支払いにはない、Web決済独自のメリットと言えるでしょう。

事業者側のメリット

事業者側のメリットは、ユーザーにとっての利便性が向上するために、顧客満足度の向上が期待できる点です。先ほどの項目でも触れたように、Web決済はユーザーにとって多くのメリットがあります。「あのショップのWeb決済が便利だから引き続き利用しよう」とユーザーが考えるなど、リピーターの育成に大きく貢献します。

顧客満足度の向上が持続し、リピーターが増えていくと、それがそのまま企業のブランドイメージとして定着します。そしてブランドによって新たな顧客を獲得できるため、メリットがメリットを呼ぶ状態を作り出すことも可能でしょう。

また、Web決済の導入によって、事業者側の業務効率改善に貢献するという点も見逃せません。月ごとに請求書を発行する手間が省けるので、Web決済によって多くのコストを削減できます。コストが削れた分、多くのリソースを顧客満足の向上に回せるため、より上質なサービスの提供が可能です。

そして支払い方法が多様なため、多くのユーザーにアプローチできるメリットもあります。例えば、クレジットカードを主に利用するユーザーもいますし、反対にクレジットカードに抵抗を感じる人もいます。Web決済は、クレジットカードだけでなくキャリア決済や電子マネー決済など多種多様です。Web決済の導入を通して、様々なユーザーが安心して利用できる環境を整えることができます。

Web決済はこんな方にオススメ

Web決済に向いているのは、クレジットカードを有効活用したい人です。クレジットカードを利用するとポイントが貯まり、カード独自のサービスが受けられます。

またサブスクリプションサービスを多く利用するユーザーも、Web決済に向いているでしょう。最初に登録を済ませるだけで、後は月ごとに自動で支払いをするシステムなので、毎月のように支払い作業をする手間が必要なくなります。

Web決済はこんな業態にオススメ

Web決済は多くの業態に対応していますが、その中でも特にオススメを解説します。

EC

今回の記事の中でも何度か触れているように、Web決済はEC事業者に向いています。ECはそもそもインターネット上で購入を完結させるシステムなので、Web決済がどれだけ充実しているかによって、顧客満足度も大きく変わってくるでしょう。

クレジットカードでの支払いはもちろん、幅広い決済方法を揃えていると、ユーザーにとっても使いやすいショップになります。

サブスクリプションサービス

サブスクリプションサービスを展開している事業者も、Web決済に向いている業態と言えます。サブスクリプションサービスは、月ごとに料金を請求するシステムなので、支払いをほぼ自動化できるWeb決済はとても便利です。

月ごとに請求書を発行する事業者側の手間が省けるのはもちろん、高い利便性により顧客満足度の向上も期待できます。

▼サブスクリプションサービスについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

サブスクリプション
【事業者向け】サブスクリプションの意味やメリット、サービス事例をわかりやすく解説
今回は、サブスクリプションの意味やメリット・デメリットについて解説します。サブスクリプションビジネスの具体的なサービス事例についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店

飲食店業界でもWeb決済を導入する企業が増えています。例えばテイクアウトを実施している場合、Web決済を導入しておけば、事前注文・事前支払のサービスを提供できます。

事前にWeb決済をしておけば、店舗でのやりとりは「商品の受け渡し」だけです。ただ単に便利になるだけでなく、感染症対策にもなるなど、飲食店ならではのメリットも多くあります。

美容院

店舗でやりとりをするといった意味では、美容院もWeb決済に向いています。最近では、予約時にクレジットカードが使えるなど、Web決済を導入する美容院も増えています。

美容院では実際にカットやカラーをするため、ユーザーとのやりとりは多いですが、レジでの支払いが必要ありません。こちらも飲食店と同じく、利便性によって顧客満足度向上が期待できるでしょう。

導入の流れ

Web決済を導入したい場合は、まず決済事業者に直接問い合わせましょう。その後申込書や必要書類の提出を行い、加盟店審査に通れば、IDとパスワードが発行されます。決済ページの接続をしたら、そのままサービスを利用できます。

atone(アトネ)は、業界最低水準の手数料で使用できる後払い決済サービスです。翌月にまとめてコンビニや口座振替にて支払うことができ、顧客の利便性向上や業務効率の改善に貢献します。まずは気軽に資料をダウンロードしてみましょう。

サービス資料の
ダウンロード

atoneは、ネットショップでも実店舗でも使えるスマホ決済サービスです。

EC通販事業者の方へ

atoneは、誰でもすぐに使える、業界No.1カンパニーのコンビニ後払いです。
翌月20日までにお支払いいただきます。
後払いで唯一、ポイントが貯まって使えるのでお得。

実店舗事業者の方へ

atoneは、スマホがあればその場ですぐに使えるコード決済。クレジットカード、銀行口座の連携が不要。現金でのチャージも不要。
約80%の根強い現金払いニーズも取り込み、やさしいキャッシュレス体験を実現できます。

事業者向け相談窓口

サービス内容やお申込みに関するお問い合わせ、導入のご相談をお電話・Webにて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

03-5159-7882

受付時間 10:00〜17:00(土日祝日を除く)

トップ 使えるお店 使い方 ? アプリ メニュー ECで導入 事業者の方 実店舗で導入 導入企業 料金 ¥ 実店舗FAQ 還元事業 ¥ ¥ P Q A