ECサイトに必須のささげ業務とは?必要性や効率化するための方法

こちらの記事では、「ささげ業務がなぜ必要なのか」といった基本事項から、業務のコツや効率化の方法を解説します。ECサイト運営に携わる方はぜひ参考にしてください。

ECサイトの運営で必須となるのが「ささげ業務」です。「撮影」「採寸」「原稿」の3つの要素で構成されるものであり、このささげ業務によってECサイトの売上が左右されると言っても過言ではありません。

ささげ業務とは

ささげ業務とは、「撮影」「採寸」「原稿」の頭文字を取ったもので、ECサイトの売り上げに関わる重要な業務です。「撮影」は、文字通りECサイトに掲載する商品の写真を撮影する業務を指します。

またアパレルのような業種であれば、服のサイズを正確に測るのが重要です。そこで2つめのささげ業務である「採寸」が行われることになります。

「原稿」は、商品紹介の詳細文です。「撮影」によって写真を撮ったとしても、ビジュアルから得られる情報には限界があります。素材や使い方、原産地といった、画像だけでは伝えきれない情報を記載するのが「原稿」という作業です。

ECサイトにささげ業務が必要な理由

ささげ業務は、ECサイトの運営に欠かせない重要な作業とされています。「なぜささげ業務が大事なのか?」と疑問に思っている方も多いでしょう。ここでは、ECサイトにささげ業務が必要な理由を、3つのトピックに分けて解説します。

ECサイトは商品の詳細サイトが必要

ささげ業務が必要な理由は、ECサイトに商品の詳細情報が書かれたページが必要だからです。実際の店舗で商品を吟味するのであれば、顧客はそれを直接手に取って、他の商品と比べながら「どれにするか」を選びます。

しかしECサイトで買い物をする場合、顧客は商品を直接手に取って見られないため、ある程度まとまった情報が必要になります。

特に「どのような見た目をしているか」「色や大きさはどのようになっているのか」といった情報が分からなければ、どれだけ魅力的な商品であったとしても、顧客側は購入をためらってしまうでしょう。

顧客の購買意欲を高める

ECサイトにおけるささげ業務は、顧客の購買意欲を高める効果があります。例えば魅力的に見える写真や、情報がよくまとまった分かりやすい文章は、顧客にとって安心できるものです。

「この商品が欲しい」と考えたとしても、サイズなどの詳細情報が分からなければ、失敗を恐れて購入をためらってしまう人も出てくるでしょう。

例えば、サイズの詳細が記載されていれば、顧客は「失敗することはないだろう」と考え、購入に踏み切ります。写真だけ載せておけばよいだろうと考える人もいますが、「ビジュアルだけでは伝わらない詳細な情報が購入の決め手になる」といった視点も重要です。

クレーム防止

ささげ業務は、売上に貢献するだけでなく、クレームを防止する役割もあります。特にECのような実店舗を伴わないプラットフォームでは、売買に関するトラブルが珍しくありません。例えば想像していた商品と違うものが届いた場合、顧客はクレームや返品を希望する可能性があります。

クレーム内容はシチュエーションにもよりますが、「イメージ違い」や「サイズ・色違い」など多種多様です。例えばサイズ違いに注目して考えてみると、先ほど紹介した画像のように詳細情報をあらかじめ記載しておくことによって、サイズに関するクレームを防止できます。

ささげ業務のコツ

ささげ業務は「撮影」「採寸」「原稿」の3つに分かれていますが、それぞれにコツがあるため注意が必要です。ここではささげ業務のコツをそれぞれの作業に分けて解説しますので、売上アップのために気をつけてみてください。

撮影

撮影のコツは、ただ平置きするのではなく、商品の魅力が伝わりやすいような撮り方を心がけることです。実際の利用シーンを想定した写真や、他の商品と組み合わせる手法も忘れないようにしましょう。

例えばアパレルであれば、モデルの着用画像が有効です。他のアクセサリー類などと組み合わせて、1つのコーディネートを提示する形にすれば、より顧客にとってイメージしやすくなります。

写真撮影はもちろん、画像編集も重要な作業です。ソフトで編集を加えることによって、より魅力的な商品画像となり、購買意欲を刺激しやすくなります。特に背景や光の当て方にこだわり、正確な色味を伝えるようにしましょう。ページの見映えがよくなるだけでなく、「思っていた色と違う」といったクレーム対策にもなります。

採寸

採寸のコツは、できるだけ細かく測ることです。「縦・横・高さ」といった基本事項だけでなく、その商品ならではの採寸をします。例えば洋服は、採寸がとても重要です。全体の大きさだけでなく、襟や袖、丈といった項目をしっかり測りましょう。

特定の場所から仕入れて販売しているものであれば、仕入先の採寸情報が載っている場合もあります。しかしそこから転載するのではなく、もう1度こちらでも採寸をし、なるべく詳しい情報を提供できるようにしましょう。

またサイズ表記を統一するのも重要です。例えば「同じLサイズの商品なのに、サイズ感が全然違って合わなかった」といった理由で、返品やクレームを受けることも珍しくありません。どうしてもサイズ感に差が出てしまう場合は、別途注意書きなどで対応します。

原稿

原稿でまず何よりも重要なのは、必要な情報を簡潔に記載することです。「どのような使用感であるのか」といった細かい情報も網羅しましょう。あまりにも冗長な文章になってしまうと、顧客が飽きて離脱してしまい、伝えたい情報が伝わりきらない可能性があります。とにかく簡潔性を心がけましょう。

ECサイトで商品説明を書く場合、SEO対策も欠かせません。SEOとは検索エンジン最適化を指す言葉で、対策がされていればされているほど、検索エンジンの結果で上位表示されやすくなります。

商品説明欄に、検索されやすいキーワードを適切に挿入することによって、ページとしての評価が高まります。ECサイトをより効率的に運営していくのであれば、SEOの分野に強い人材がいると便利です。

ささげ業務を効率化する方法

ここまでささげ業務について解説しましたが、「どうすればそれを効率化できるのか?」と考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、ささげ業務を効率化する方法について、3つのトピックに分けて解説します。

外注する

ささげ業務を効率化するためには、その道のプロに外注する方法があります。撮影・採寸・原稿のささげ業務にはクリエイティブな能力が求められるため、社内のリソースだけで完結させるのが難しい場面も多いでしょう。

外注することによって、コツをよく知っているプロが業務を担当するため、クオリティの高い仕事をしてもらえます。もちろん相応のコストはかかりますが、良質なささげ業務は商品の売上アップにも大きく関わってくるでしょう。

システム化する

ささげ業務は、その都度まったく異なる仕事が発生するのではなく、ある程度定型化できるものです。そのため、社内での業務をシステム化する方法もあります。

昨今ではECサイトで導入できるITツールも増えています。こうしたツールを駆使し、自動化できる部分を自動化すれば、業務効率化につながるでしょう。

ツールを利用しない場合であっても、マニュアルの作成や業務フローの確立によってある程度システム化できます。

物流拠点でささげ業務を行う

物流拠点でささげ業務を行うのもおすすめの方法です。オフィスなどで撮影・採寸をすると、どうしても広いスペースが必要になります。しかし物流拠点に届いた時点ですぐにささげ業務を行う場合であれば、場所の確保がやりやすくなるでしょう。

また物流拠点で撮影や採寸をすることによって、本来発生していた商品の移動がなくなるため、その費用を抑えられるメリットもあります。一方、ささげ業務の中でも、「原稿」は場所を問いません。

ささげ業務はECサイトの売上を左右する重要な業務

ECサイトでは、ささげ業務と呼ばれる「撮影」「採寸」「原稿」の3つが、売上に大きく関わっています。顧客が安心して商品を購入できるような環境を整えるためにも、ささげ業務は念入りに行うようにしましょう。

ECサイトは、ささげ業務だけでなく、決済方法の整備も重要になります。atone(アトネ)は、新規顧客獲得、LTV / ロイヤリティ向上に貢献する後払い決済サービスです。業界最低水準の手数料で利用でき、安心して継続的に導入いただけます。決済方法で悩んでいる方は、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

サービス資料の
ダウンロード

atoneは、ネットショップでも実店舗でも使えるスマホ決済サービスです。

EC通販事業者の方へ

atoneは、誰でもすぐに使える、業界No.1カンパニーのコンビニ後払いです。
翌月20日までにお支払いいただきます。
後払いで唯一、ポイントが貯まって使えるのでお得。

実店舗事業者の方へ

atoneは、スマホがあればその場ですぐに使えるコード決済。クレジットカード、銀行口座の連携が不要。現金でのチャージも不要。
約80%の根強い現金払いニーズも取り込み、やさしいキャッシュレス体験を実現できます。

事業者向け相談窓口

サービス内容やお申込みに関するお問い合わせ、導入のご相談をお電話・Webにて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

03-5159-7882

受付時間 10:00〜17:00(土日祝日を除く)

トップ 使えるお店 使い方 ? アプリ メニュー ECで導入 事業者の方 実店舗で導入 導入企業 料金 ¥ 実店舗FAQ 還元事業 ¥ ¥ P Q A