ライブコマースで売上向上!ライブコマースの市場動向やメリットとは

この記事では、ライブコマースの市場動向や人気の理由について解説します。ライブコマースのメリット・デメリットに関しても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

商品をオンラインで購入することが一般的になりつつある昨今、「ライブコマース」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。ライブコマースは販売促進に有効な手法として注目を集めています。

ライブコマースとは

ライブコマースとは、ライブ動画を通して商品を販売するEコマースの一形態です。商品をライブ動画で紹介し、視聴者はチャットを通じて販売者と対話しながら商品を選びます。気に入った商品があれば、視聴者は配信画面から直接購入することも可能です。

映像で商品を紹介する販売形態は、テレビの通販専用チャンネルなどで古くから知られてきました。ライブコマースでは視聴者との対話が可能となり、商品に関する疑問点を解消しつつ購入を検討できる点が大きな違いです。

ライブコマースの市場動向

ライブコマースがとくに浸透しているのは中国です。中国におけるライブコマースの市場規模は2019年時点で約7兆円に達しており、今後は30兆円を超える規模へと急拡大するともいわれています。コロナ禍での外出制限などの影響を受け、ライブコマースの需要が高まっているのです。

日本においても、ライブコマースは今後広まっていくことが予測されます。大手ECモールや百貨店、大手アパレルなどがライブコマースに続々と参入し始めており、日本でライブコマースの認知度が高まっていく兆候がすでに随所で見られるからです。

ライブコマースは、新たな販売形態として注目しておきたい手法の1つといえるでしょう。

ライブコマースで売上が上がる理由

ライブコマースの人気が高まっている背景には、どのような理由があるのでしょうか。ライブコマースで売上が上がる主な理由について解説します。

情報が伝わりやすい

ライブコマースの特徴として、視聴者に商品の情報が伝わりやすいことが挙げられます。Eコマースで顧客が懸念するのは、商品の大きさや形状がよく分からないという点です。実店舗で購入する場合とは異なり、商品を手に取って確認できないため不安を感じる顧客が少なくありません。

しかし、ライブコマースでは商品を手に取る様子を動画で紹介するため、大きさや形状が分かりやすいという特徴があります。Eコマースで販売の障壁になりやすい顧客の不安を解消できることがライブコマースの強みです。

対面販売のようにコミュニケーションがとれる

実店舗で商品を販売する場合、顧客は疑問点や不明点を店員に質問できます。不安に感じる点をその場で解消できたことが、購入の決め手となるケースも少なくありません。Eコマースの場合、顧客が不安に感じている点を質問する機会を設けることは容易ではありませんでした。顧客の不安が解消されなかった結果、販売機会を逃していたことも十分に考えられるのです。

一方、ライブコマースでは配信中に顧客から質問を受け付け、リアルタイムで回答することができます。顧客にとって不安がすぐに解消されるため、購入に踏み切る確率が高まるという特徴があるのです。

多様なプラットフォームで配信できる

ライブコマースで配信する動画は、配信プラットフォームを選ばないことも特徴の1つです。動画配信サービスはもちろんのこと、SNSのショート動画などを活用することもできます。販売する商品の特性やターゲットとなる顧客層に適したプラットフォームを選べることは、ライブコマースの強みといえるでしょう。

顧客の立場から見た場合、普段から利用しているプラットフォームで商品が紹介されていれば目に留まる確率が高いはずです。特定のプラットフォームに制限されることがなく、多様な配信先を選べることもライブコマースが人気を博している理由の1つといえます。

ライブコマースを行うメリット

ライブコマースを利用することで、事業者はどのようなメリットを得られるのでしょうか。主なメリットとして次の3点が挙げられます。

  • 新規顧客の獲得
  • マーケティングに活用できる
  • 商品の魅力を伝えやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

新規顧客の獲得

インターネットで商品を購入することに抵抗を感じる人は依然として少なくありません。実店舗とEコマースの大きな違いは、店員から商品について説明を受けられるかどうかという点です。より対面販売に近い環境を提供できるライブコマースは、消費者の不安を払拭する上で有効な手法といえます。

また、商品の状態を十分に確認できなければ購入したくないと考える人もいるでしょう。ライブコマースでは双方向のやりとりが可能となるため、疑問に感じた点を確認した上で購入を決めることも可能です。

このように、従来のEコマースでは獲得できなかった層を顧客化できる可能性があることは、ライブコマースのメリットといえるでしょう。

マーケティングに活用できる

ライブコマースでは、紹介する商品に対する顧客の意見や感想を直接収集することができます。商品をどのように感じたかその場で意見を聞けるため、顧客が疑問に感じやすいポイントをより把握しやすくなるのです。

また、紹介する商品ごとに視聴者数を測定することにより、商品の人気を確認することもできます。視聴者数が伸びた理由を分析し、以降の商品紹介に反映させていくこともできるでしょう。

「点」ではなく「面」で顧客情報を収集できることは、ライブコマースだからこそ得られるメリットといえます。

商品の魅力を伝えやすい

ライブコマースは動画を通じて商品を紹介していくため、静止画や文字情報のみで紹介する場合と比べて商品の魅力が伝わりやすいという特徴があります。商品の使い方や特徴をより臨場感を持って伝え、実際に利用する場面をイメージさせることができるのです。

商品によっては、開発秘話など作り手の思いを配信することで顧客の感情を動かす効果も期待できます。声のトーンや表情といった非言語要素も含めて届けられることは、動画ならではの強みといえるでしょう。商品の魅力をより的確に、強く印象づけられることがライブコマースのメリットといえます。

新規顧客獲得、マーケティング、商品の魅力を伝える等、販促の意味や目的などの基礎知識はこちらからご覧いただけます。

販促とは?意味から目的、販促方法まで紹介!
今回の記事では、販促の意味や混同されがちな単語、効果的な販促方法を解説します。

ライブコマースを始めるときの注意点

ライブコマースを始めるにあたって、注意しておくべき点がいくつかあります。次に挙げる注意点を理解した上で、ライブコマースを実践していきましょう。

  • ライブコマースに向いていない商品もある
  • 新たに配信機材を用意する必要がある
  • 配信トラブル対策を行う
  • 配信者の選定は慎重に行う

ライブコマースに向いていない商品もある

ライブコマースは、あらゆる商品に活用できる手法ではありません。中にはライブコマースに不向きな商品もあることを理解しておきましょう。

たとえば、健康食品など配信時間内に具体的な効果が見えにくい商品はライブコマースには向いていません。一方で、食料品や化粧品、日用品などは見た目や効果を動画で紹介しやすいため、ライブコマース向きの商品といえます。

ただし、ライブコマース向きの商品であってもターゲット層によっては反応が弱い場合もあるため注意しましょう。高齢者層が主なターゲットの商品などは、ライブコマースで紹介しても十分な効果が得られない可能性があります。

新たに配信機材を用意する必要がある

ライブコマースを始めるにあたって、必要な配信機材を用意しなくてはなりません。必須の機材としてはカメラやマイクが挙げられます。場合によっては、撮影用のスタジオも用意する必要があるでしょう。

すでにこれらの機材や設備がそろっていれば、スムーズに配信を始められます。しかし、新たに購入する場合は初期投資が必要になる点を理解しておくことが大切です。動画のクオリティが購入数に影響することも十分に想定できるため、配信機材はきちんと吟味した上で用意しましょう。

配信トラブル対策を行う

ライブコマースはライブ配信であることに意義があるため、配信トラブルが付き物です。配信トラブルが発生した場合、途中で配信を停止せざるを得ない状況になることも考えられます。配信前に入念なリハーサルを行い、トラブル防止策を講じておくことが大切です。

また、万が一配信トラブルが発生した場合にどう対応するのか、ガイドラインを定めておくことも重要な準備の1つといえます。配信トラブルが頻繁に発生したり、トラブルに伴って顧客に迷惑をかけたりすれば信頼失墜にもつながりかねません。配信トラブル対策を必ず行い、想定外の事態に備えましょう。

配信者の選定は慎重に行う

ライブコマースに出演する配信者は企業の「顔」となるため、選定は慎重に行う必要があります。社内で選定する場合は話が上手であることに加え、商品知識が十分にあり顧客からの質問に回答できる人を選定しましょう。

インフルエンサーに配信を依頼するなら、好感度が高く問題を起こしにくい人に依頼するのが鉄則です。ライブ配信は編集された動画と違い、配信中の発言を撤回することができません。問題発言があれば炎上に繋がることも考えられるので、過去の言動を十分にチェックした上で問題を起こしにくい人を選定することが大切です。

現代だからこそ、ライブコマースが適している理由

ライブコマースは新たな販売手法として注目を集めつつあります。商品の魅力を臨場感を持って伝えられるライブコマースを活用することで、販路の拡大を実現できる可能性も十分にあるのです。

コロナ禍等の災害影響を受け、売上が落ちている企業もあるでしょう。こうしたときこそ、ライブコマースのような新たな販売戦略を打つことで売上アップを狙うことが重要です。本記事を参考に、ぜひライブコマースで苦境を乗り切る糸口を見つけてください。

サービス資料の
ダウンロード

atoneは、ネットショップでも実店舗でも使えるスマホ決済サービスです。

EC通販事業者の方へ

atoneは、誰でもすぐに使える、業界No.1カンパニーのコンビニ後払いです。
翌月20日までにお支払いいただきます。
後払いで唯一、ポイントが貯まって使えるのでお得。

実店舗事業者の方へ

atoneは、スマホがあればその場ですぐに使えるコード決済。クレジットカード、銀行口座の連携が不要。現金でのチャージも不要。
約80%の根強い現金払いニーズも取り込み、やさしいキャッシュレス体験を実現できます。

事業者向け相談窓口

サービス内容やお申込みに関するお問い合わせ、導入のご相談をお電話・Webにて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

03-5159-7882

受付時間 10:00〜17:00(土日祝日を除く)

トップ 使えるお店 使い方 ? アプリ メニュー ECで導入 事業者の方 実店舗で導入 導入企業 料金 ¥ 実店舗FAQ 還元事業 ¥ ¥ P Q A